キャッシングの審査

キャッシングの審査が不安なら

カードローンを使ったキャッシングの人気が高まっていますが、はじめて利用する場合には審査が心配になります。

夫婦


キャッシングの審査というのはどのようなポイントにおいて行われているのでしょうか。
カードローン会社によって審査基準は異なっています。

 

しかし大まかな審査基準は似たようなものといえます。
カードローンというのは無担保型のローンです。

 

担保も保証人も不要でお金を貸してくれるわけですが、それはつまり利用者の信用だけを担保にしていることを意味します。

 

ですから審査では申込者の信用度をしっかりと見極めることが最大のポイントとなってきます。
まずは個人信用情報を照会して、その人の借入れ状況を調べます。

 

現在の分だけでなく過去数年分が蓄積されたデータから、借入れ・返済状況や金融事故の有無などを確認します。
ここで何らかの問題ありとみなされれば、審査に通過するのは難しくなります。

 

信用情報で問題なしであれば、次に勤務状況や居住状況についてのチェックが行われます。
勤務先を転々としている、仕事を変えて間もないといった場合は、審査に不利になる可能性もあるので注意が必要です。

 

また住居に関しても、引越しばかりしているよりは長く一箇所に住み続けているほうが安定しているという評価につながる可能性が高いです。
これらのポイントは申込者の細かな状況によって評価が変わりますので、一概には言い切れません。

 

専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローンでも解説しているように配偶者が働いているのであれば専業主婦がお金を借りることができます。
専業主婦への在籍確認は固定電話で行われ、たいていは個人名を名乗って電話をかけてきます。
しかし、キャッシングを利用したことは分からないようにきちんと配慮してくれますから安心です。

 

本人が出られなくても、申込書に記載されたとおりに間違いないことが確認されれば終了です。
故意であれうっかりミスであれ、申込書へ虚偽の内容を記載すれば審査の段階で必ずバレます。

 

そのときに信用は大きく失われることになります。
審査に通るための第一歩は、申込書に丁寧に真実を記載することなのです。